コールセンター向けCRM「CSStreamシーエス ストリーム

受付業務煩雑さを解消

顧客満足度向上
起点となる

OUTLINE 「CSStreamとは

「CSStream」は、受付から営業、開発部門まで、企業内のお客様対応業務を一元管理することで迅速で質の高い対応を実現。顧客満足度の向上と危機管理を強力にサポートします。

  • 受付
  • 対応
  • ワークフロー
  • 情報の活用
  • 情報の保護

3分でわかる「CSStream

FEATURES 「CSStream
選ばれる理由

  • FEATURE 1 20年の歴史、
    ユーザ数10万人以上を誇る

    リリース以来20年にわたり培ってきた業務ノウハウをもとに、お問い合わせ対応から、調査・報告など周辺の業務ワークフローまで一気通貫で支援するソリューションを提供。製造業など幅広い業界・業種のコールセンターで採用され、ユーザ数は10万人以上を誇ります。

  • FEATURE 2 業務のスピードと質が向上、
    データ活用も促進

    直感的で使いやすいインターフェースに、トラブルの予兆を自動で検知しインシデント化を未然に防ぐなど、業務効率化やリスクヘッジを実現する機能を豊富に実装。VOC(お客様の声)分析によるトレンド予測など、データ活用推進にも効果を発揮します。

  • FEATURE 3 コストを抑えて最適な
    システムを構築

    パッケージの低コストとスクラッチ開発の柔軟性の“いいとこどり”を実現したCSStream。パッケージ製品でありながら、業界・業種や個社ニーズにあわせたカスタマイズにも柔軟に対応。経験値の高いSEがお客様のニーズをしっかりヒアリングの上、最適なシステムを構築いたします。

SOLUTIONS 解決できる課題

「CSStream」の豊富な機能でお客様相談室で抱える様々な課題を解決できます。

BEFORE
AFTER
BEFORE

CASE 1

関連部署への依頼に手間取り、対応に遅れが発生する。

AFTER

関連部門への依頼業務の効率化
作業漏れの防止にも

BEFORE

CASE 2

関連部署への依頼した案件ごとの進捗状況の把握に時間を要する。

AFTER

担当者ごとの情報など
案件の進捗状況を一覧で表示

BEFORE

CASE 3

過去に問合せ実績があった事を知らずに応対すると、対応に手間がかかる。

AFTER

過去の対応履歴をストック
応対前に参照可能

DOWNLOAD CATALOGS AND CASE STUDIES

その他、様々な企業での
業務効率化成功例をご紹介いたします

お客様の声を企業価値向上につなげる
お客様相談室向けソリューション「CSStream」

お客様相談室の今を伝える記事を
ご参考いただけます

コールセンターを取り巻く環境や課題、トレンドにフォーカスしたレポート記事です

企業・団体の
ITサービスマネジメントを強力にサポート

ITSM(サービスマネジメント)支援サービス

CSStream Cloud Works

「CSStream CloudWorks」は、問合せやインシデント対応などサービスデスク業務をシステム化。効率化によって本来あるべきタスクの推進を支援します。

CSStream Cloud Works

COLUMN コールセンター
お役立ちコラム

コールセンターを取り巻く課題やトレンド情報を取り扱ったコラムです。

  • 思い切った運用見直しで、今こそテレワーク移行を進めるべき

    思い切った運用見直しで、今こそテレワーク移行を進めるべき

    • テレワーク
    • コールセンター

    【目次】

    • 3密の典型と言えるコールセンターだが、テレワーク移行は簡単ではない
    • 近い将来、部分的にせよ、1/3程度でテレワークを導入する可能性も
    • コールセンターのテレワーク移行を阻む最大の要因とは
    • 今こそ、ニューノーマルのコールセンター運用を考えるべき
    • 実績・ノウハウともに豊富な富士電機ITソリューションに、ご相談を
  • コールセンターにおけるデータ分析と活用の進め方

    コールセンターにおけるデータ分析と活用の進め方

    • データ分析
    • コールセンター

    【目次】

    • コールセンターにも押し寄せるDXの波
    • SNS上の誤った情報を分析し、積極的に正していく努力も必要
    • 直接メリットのあること、すぐにできることからはじめる
    • コールセンターのデータ活用を支援する「CSStream」
  • コールセンターとCRM

    コールセンターの人員不足問題に、どう立ち向かうべきか

    • 人員不足
    • コールセンター

    【目次】

    • 人員不足の主要因は、“ストレスフルな業務内容”
    • テレワークで、ストレス倍加のリスクが!
    • 少ない人員でも回る仕組みを考えるべき
    • コールセンター業務の最適化を支援する「CSStream」

NEWS お知らせ・イベント情報

ページトップへ